ホーム > 味がしない(味覚障害)

味がしない(味覚障害)

味がしない(味覚障害)

「突然味が変わった」。もしかして味覚障害ではないですか?

「突然味が変わった」。もしかして味覚障害ではないですか?

味覚障害とは、これまでと同じ食べ物を食べているのに急に味が薄く感じたり、味が全くわからなくなったりする状態をいいます。
また何も食べていないのに、口の中で甘みや苦みを感じることもあります。
患者さまによっては、甘みだけがわからないなど、特定の味覚だけに障害が現れることもあります。

よく間違われる「味音痴」は、小さい頃から周囲と味に対するとらえ方が異なるものですが、味覚障害は、ある時から「今まで感じていた味が変わってしまう」場合をいいます。

この病気は高齢者の方に多く見られますが、やはりお仕事からの引退などで以前ほど活動されなくなっておられるところへ、「日々の食事が美味しくなくなった」と大きなショックを感じられるようです。

味覚障害の原因

1.食事の内容によるもの
1.食事の内容によるもの

コンビニエンスストアのお弁当やファストフードによる食事、またスナック菓子などを多く摂る偏食などによって亜鉛欠乏症となると、味覚障害が起こります。
亜鉛不足により細胞の新陳代謝が低下し、舌の表面にあって味を感じる「味蕾」と呼ばれる器官の機能が損なわれるためです。

日本人の食事はもともと亜鉛が不足しがちといわれているのですが、工場生産の食品は衛生面を追求することで亜鉛が取りのぞかれてしまう傾向があります。
またスナック菓子の場合は、そこに用いられる保存料の中に亜鉛の吸収を阻害するものが含まれています。

バランスのよい食事を摂ることが大切です。

2.薬剤によるもの
2.薬剤によるもの

抗生物質・抗ガン剤・副腎皮質ホルモン剤・抗うつ剤などを長期にわたって服用することで、亜鉛が尿として排出されてしまうほか、亜鉛の吸収が妨げられる場合があります。

こういった状態に陥いることで、味覚障害を引き起こします。

3.全身疾患によるもの

糖尿病・肝不全・腎不全・内分泌機能低下などといった全身疾患から起こる味覚障害もあります。
これは、疾患によって引き起こされた神経や血管の障害を原因とするものです。

また妊娠やヤケドによって起こる味覚障害もあります。

4.口腔の病気によるもの

風邪によってのどの病気にかかり、味覚障害になることがあります。
また舌炎・舌苔・口内感染症といった舌の病気による味覚障害も考えられます。

5.心因性味覚障害

うつ病・ヒステリー・ストレスといった心因性のものによる味覚障害です。
精神科医と連携して治療します。

味覚障害の検査

味覚ディスク検査

「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」の4つを濃度別にしみこませたろ紙を使い、それぞれに対する障害の程度を調べます

電気味覚計検査

舌に当てた電極に、かすかな刺激を加えながら電流の強度を変えることで、金属味の有無を調べます

味覚障害の治療

味覚障害の治療

味覚障害が亜鉛不足によるものの場合、亜鉛製剤を使った内服治療を行います。
ただし、過度なダイエットや偏食が原因の場合は、それらを改善しなければ回復は見込めませんし、骨粗鬆症や女性の場合は月経不順といった別の疾患を誘発するおそれもあります。

また、亜鉛を多く含んだ食品(牡蠣・レバー・卵黄・海藻・ナッツ類など)を積極的に摂取するのもよい方法ですが、痛風の方はプリン体を摂り過ぎないよう注意しましょう。

降圧剤などによる副作用が原因の味覚障害であれば、主治医と連携しつつ投与量の変更などを行いながら治療を進めてまいります。
口腔の病気が原因であれば、それに対する治療を行わなければなりません。

味覚障害の治療には最低3カ月はかかるとお考えください。
中には5年ほど治療を続けて、ようやく味覚が回復した例もあります。
若い方の場合は2週間ほど亜鉛を補給することで回復することもあるのですが、新陳代謝が落ちている状態ですと、正常な味覚機能を持つ細胞へと入れ替わるのにかなりの時間がかかってしまうということが考えられます。

前谷耳鼻咽喉科 電話番号:06-6401-1787